旅好きママの子連れ日記

旅行大好き2児ママの子育て日記です。ただいまアメリカのマサチューセッツ州に駐在中。アメリカ生活、子育て、英語、、分からないことだらけだけど、I’m enjoying!

フランスTGVのチケットの買い方 パリ〜ストラスブール@子連れ旅

年末にヨーロッパに行くにあたり、フランスの新幹線、TGVを予約しました。

今回はオンラインでの予約方法を詳しく紹介します!

 

我が家が予約するのはパリ〜ストラスブール間の電車です。

パリに滞在し、そこからストラスブールのクリスマスマーケットを見る予定♪

旅程はこんな感じ。

 

ちなみに電車の予約、色んな仲介サイトがあります。

初めは何も気にせず「パリ ストラスブール 電車」で調べると、

出てくるのはレイルヨーロッパというサイト。

これで普通に予約してたんだけど、座席指定とか出来ないし、あれ??って思って一度ストップして再度検索。

レイルヨーロッパも仲介サイトの1つらしい!

いかにも公式サイト的な感じなのに、、そうなのね。

我が家はパリ~ストラスブールというフランス国内の移動

フランス鉄道(SNCF)のサイトで直接購入できるみたいなので、そっちへ。

 

ちなみに。

SNCFのサイトは日本語はなく英語ですが、

レイルヨーロッパのサイトは日本語対応してます。なので、

英語はちょっと~って人はレイルヨーロッパで予約でもいいと思います!けど手数料がとられます。

例えば私が予約した電車だと、4人分で片道100ユーロくらい違いました。

チケットの予約自体は簡単なので、少しの英語が平気な方はSNCFで直予約の方がオススメ!

下記、流れの通りやれば誰でも普通に買えます♪

 

①まずはSNCFサイトへ。

英語のサイトがあるので、こちらから予約。

①片道か往復か選びます。 片道:One-way、往復:Return

②行き先を英語で入力。途中まで入れると該当する駅名が出てきて選べます。

③日時を入力。出発日:Outboundと、帰る日:Return、それぞれのカレンダーマークをクリックして選びます。クリックすると別画面が出てきます。詳細はこの後で。

④人数を、⊕や⊖を選んで合わせます。

⑤人数分出てくるので、年齢をそれぞれ選択。子供の場合は年齢入力の画面もあるので忘れずに。

⑥一番下に「Search」ボタンがあるので、クリック!

f:id:beinghappy:20191012130229j:plain

 

<日時選択画面>

上のカレンダーから日付を選択し、大体の出発時間を選びます。そしてOKへ。

f:id:beinghappy:20191012130548j:plain

 

②電車を選択

条件にあった電車がずらーっと出てくるので、好きな時間・種類を選びます。

①電車の種類

TGV:高速電車。大体一番早く、値段も時期によって変わりますが高いです。

TER:快速あるいは普通列車。時間が少しかかりますが安め。

OUIGO:最近できたらしいTGVの格安タイプ。今のところ日本発行のクレジットカードでは支払いできないみたいです。

②1等か2等か

1等だと座席指定出来ることが多いですが、列車の種類によっては出来たり出来なかったり。座席指定ではなく座席リクエストだけしか出てこない場合もありました。

2等でも座席リクエストはできます。

基本、電車を選んでみないと座席がどの程度選べるか分かんないのでちょっと面倒。。

子連れの私、確実に座席指定したかったので1等を選択。

f:id:beinghappy:20191012131106j:plain

 

③電車を選ぶと無料で変更可能のチケットにアップグレードするかどうか選択します。

高っ!!

もちろんアップグレードせずExchangeable conditions applyを選択。

f:id:beinghappy:20191012210453j:plain

 

③座席指定

①電車を選んだら、ちっちゃいですが「select my seat」を選択して座席指定へ。

座席リクエストのみ可能な場合は、このボタンはなく、リクエストの選択肢が表示されました。ここに出てくることしか出来ないみたい。

違う時間の1等を選んだ時、ここに座席リクエストしか出てこなかったので時間変えました。その時出てきたのは確か、ファミリーシートのリクエストをするかしないか、の1択でした。リクエストしても通るかわかんないし、、でやめました。

f:id:beinghappy:20191012210502j:plain

 

②座席マップが出てくるので人数分選びます。

何号車がいいか番号を選べます。二階建て車両の場合はTop:二階、Bottom:1階で選択できます。

③座席を選んだら決定ボタンを!

我が家は向かい合わせの4人席を選択。

人気なのか、そこだけ埋まってる車両も結構ありました。

f:id:beinghappy:20191012210510j:plain

 

④帰りの電車も同じように選びます。

 

⑤支払いへ

①電車の選択が終わったら、会計へ。選んだ電車や入力した内容を確認します。

f:id:beinghappy:20191012210516j:plain

 

下まで見て、問題なければ支払いへ。

f:id:beinghappy:20191012210551j:plain

 

②次にチケット発券方法を選択します。海外からだとEチケットのみなのかな?

このままにして下へ。

f:id:beinghappy:20191012210602j:plain

 

③乗る人の名前、生年月日を入れていきます。

f:id:beinghappy:20191012210608j:plain

 

④その後、代表者の名前を。連絡用にメールアドレスも必須です。入力が終わったら支払いへ。

f:id:beinghappy:20191012210621j:plain

 

⑤カード情報を入れ、ようやく購入!!

f:id:beinghappy:20191012210630j:plain

 

⑥これで予約完了です。

入力したメールアドレスにメールが届いてくることを確認してからサイトは閉じましょう!

Eチケットも見れるので、このまま印刷しちゃうと安心です。

f:id:beinghappy:20191012210638j:plain

⑥会員登録

登録したメールアドレスに会員登録のメールも届くと思うので、今後も列車の変更やその他の列車など使う可能性があるなら登録しといたら楽かと思います。

 

電車や座席を選ぶのがちょっと面倒ですが、簡単ですね!

これであとはEチケットを持ってけば乗車できます◎

年末ヨーロッパ子連れ旅行②旅程 バルセロナ、シャウエン、パリからのクリスマスマーケットとモンサンミッシェル

さて、年末に3歳と5歳の子供を連れてヨーロッパ旅へ行きます。子連れ旅行では、

子供達のペースで動けるよう個人手配がオススメです。

とは言え、個人手配だとフライトから旅程まで自分で組まなきゃで意外と大変。

今回の目玉はロッコのシャウエンクリスマスマーケット

旅程を組むうえで一番キーになってくるのが、どのルートで行くか、フライトの選択です。フライト検索についてのポイントはこちら。

 

合わせて行けるとこは行っちゃお~と色々検討した結果、こんな感じの旅程になりました。

 

旅程の概要

12/21 ニューヨーク( JFK 空港) から17時台の飛行機

12/22 バルセロナ(BCN空港)に朝着、ここからバルセロナで3泊

12/25 クリスマス!朝便でモロッコのタンジェ(TNG空港)まで飛んで

    タンジェからシャウエンまでバスかタクシーで移動(3時間弱)

    シャウエンで2泊

12/27 タンジェから14時台の飛行機でパリ(CDG空港)へ、18時着でパリにて1泊。

12/28 パリからストラスブールへ電車移動(約2時間)し、

    クリスマスマーケットへ! そのままストラスブールで1泊。

12/29 電車でパリに戻り、ここからパリ2泊

12/31 パリからレンタカーを借りてモンサンミッシェルへ行き1泊。

    モンサンミッシェルのホテルで年越し!

1/1  パリに戻り1泊。

1/2  パリ発朝便でニューヨークへ帰国、13時頃到着。

 

 

下記、詳細です。

 

シャウエンへの行き方

青い街で有名なモロッコのシャウエン。近くに空港はなく、モロッコの各都市からバスやグランタクシーなる長距離タクシーで向かうのが普通。カサブランカからバスで約8時間、フェズ・タンジェからバスで約4時間とのことです。

 

我が家の旅程は自動的にこうなりました

①シャウエンにいつ行くかをまず決める

バス8時間は子連れにはきついので、フェズかタンジェからに絞り込み。

→どちらへも直行便はないので、ヨーロッパを経由しついでに観光することに。

→フェズ・タンジェそれぞれの空港の就航都市検索をし、行きたい場所を検索~

→有名なとこでいうと、パリ、バルセロナ、ロンドン、フランクフルト等々・・

 

→そっから、下記条件を満たすフライトを探し、バルセロナパリに決定!

  ・子連れなので早朝・夜間の発着便は無し。直行便のみ

  ・往路は、フェズかタンジェに昼頃までに着く便(そっから移動4時間なので)

  ・帰路は、14時以降の便(シャウエンからまた4時間移動し空港へ向かうので)

  ・クリスマスマーケットに行きたいのでパリかフランクフルトのどちらかは必須

 

私が検索した段階では、フェズやタンジェに向かう直行便で最適な時間のフライトは毎日ある感じじゃなく。

上記条件だと、特に迷うこともなくほぼ自動的に、12/25にバルセロナから行って12/27にパリに帰ってくる、になりました。笑

 

※追記

と、タンジェに午前中に着く往路便をエアアラビアモロッコで購入したものの。

なんと!

フライト予定のまだ2ヶ月以上も先の10月になり、突然、フライトリスケジュールのメールが一通。

見ると、9時台だったフライトが16時台に変更に!!

いや、二度見したよね。

リスケジュールにしても変わりすぎじゃない?!

そして2ヶ月以上先なのにこんなに変わるって。。。もともとその予定だったんじゃないかとか、色々疑ってしまう。。

フライト変更も視野に他の便も再度探したけど、どの航空会社も評判は同じ感じ。また時間変わるかもだし、ひとまず16時台ならいいかなーと今のところキープしてます。

当日どうなることやら。。

いや~色々あるもんだね。

 

バルセロナとパリの観光と滞在日数を考える

バルセロナ

バルセロナは着いてまず時差ボケや疲れを解消しなきゃなので、ゆっくり街中観光のみ。ヨーロッパの古い町並みとかって子供にはただの古い建物であって楽しくなさそうだけど、ガウディのカラフルな建築とかならまだ楽しめるかなーと。なのでバルセロナは2・3泊で十分。

 

パリ

パリでは、街中観光もそうだけど、ストラスブールへのクリスマスマーケットモンサンミッシェルへ。

ストラスブールのクリスマスマーケットは今年はなんとぎりぎり12/28までやってるそう!最終日に観光。片道2時間かかるのと、夜のクリスマスマーケットに行きたいので1泊2日で行きます。

時間があったらそこからさらに電車で30分のコルマールっていう街にも行きたいんだけど・・ハウルの動く城など映画のモチーフになった街だそう。

子供と親とに余裕があったらってことで。

パリ~ストラスブール間の電車は、フランス鉄道(SNCF)のサイトで購入しました。

詳しい購入方法はこちら!

 

モンサンミッシェルは、せっかくだし一度は行きたいなーと。

パリからはツアーもたくさんあります。日帰りや、日帰りでライトアップを見て夜中に帰ってくるツアー、1泊するものも。

ツアーで丸投げしちゃおうかなーとも思ったものの、やっぱ高いのと、途中の経由地も決まってて自由に出来ないってので、自分たちで行くことに。

ツアーじゃないとすると普通にバスを乗り継いでも行けるんだけど、それも疲れそうなのでレンタカーにしました。休憩なしで4・5時間みたいなので、1泊2日で。

 

 

なのでパリでは最低6日くらいは欲しいなーという感じです。

 

③家からバルセロナへとパリからのフライトを決定

あとは我が家の近くの空港から、バルセロナに行ってパリから帰ってくるフライトで安い日を探し、12/21発の1/2帰宅に決めました。結果、バルセロナにて3泊、パリ付近にて6泊です。

ちなみに年末年始がパリ観光と重なる我が家。普通に観光できるの??って思って調べてみると、やっぱ特に1/1はお休みのところも多いそう。なのであえてモンサンミッシェルを12/31~1/1に入れました。パリの街中観光してほとんどお店とか閉まってたらほんと意味ないもんね。。

 

旅費の合計はいくら??

さて、こんな感じの13日間の旅。今回自己手配でアメリカ発、事前の段階でこれくらいの値段です。特にバルセロナとパリではゆったりしたいので、財布がきつくなったら安いとこに変えよ~と思い、今のところホテルはやや高めのとこにしてます。ブラジルと比べるとやっぱ断然高い。。滞在が終わったらまた更新します。

 

飛行機代:5390ドル

ホテル代:4285ドル

電車代:570ドル

レンタカー代:198ドル

合計:10443ドル

ピルを使っての生理日移動@アメリカ

今回は旅行の時の悩みの種、生理について。

旅行に生理が被ると嫌ですよねー、心も体も疲れやすくなるし、荷物も増えるし。

今回、3回くらいの旅行すべてに生理が被りそうだったので、

ピルを使って生理日移動をしてみました!

 

私自身、20代の頃に生理日移動のためにピルを初めて使い、その後は生理不順が治る、生理痛が軽くなる、と聞き定期的に使ってる時期もありました。ただ日本で買うと1ヶ月で3000円とかするんですよね、高い。そのうちやめちゃいました。

 

アメリカだとピルってもしや簡単に手に入るのでは?!と思い調べてみましたが、

アメリカでも医者の診断が必要とのこと。

けどピル自体は安いみたいです。ちなみにアメリカでピルは「Birth control pill」と言います。今回、ネット注文でピルを手に入れてみたのでその話を。参考にさせていただいたのはこちらのサイトです!

 

ちなみに私は過去にピルを使ったことがあって、使い方も副作用等もわかってるので医者行かなくていいかなって思いましたが、初めての場合は一度はちゃんと行った方がいいと思います。

私はマサチューセッツ州なのでNurxを利用してみました。サイトはこちら

注文は簡単!15~20くらいの質問に答えていくだけです。ピルの銘柄など決まっている場合はもっと簡単そうでした。私はピルを使ってたのがかなり前なのと、その時に何て名前のを使ってたのかすっかり忘れていたので、銘柄は指定せずオススメのものをもらう方にしました。この左側の方です。

f:id:beinghappy:20191009121652j:plain

 

insuranceがあれば無料、なくても15ドルとのこと。自分のinsurance について正直あんま分かってなくて。。入力も面倒だったので、15ドル払い3か月分もらいました!注文して3、4日で到着。届くまでどの銘柄が来るかは分かりません。注文以降、何かあればいつでも相談に乗るよ~っていうメールがちょくちょく来ます。

 

ちなみに今回私のところに届いたのは、Levoraという低用量ピル。これを使って生理日を早めました。ちなみに生理を早めるには、早めたい生理の前の生理が始まってから5日目までにピルを飲み始め、10日間くらい飲み続けてからやめると、そこから2、3日で生理が来ます。なのでもともとの周期にもよりますが、大体2週間くらい早められることになります。

飲み始めた翌日は若干の倦怠感がありましたが、その後は特になく。これで旅行が楽しめそうです♪

アメリカ子連れ2800キロの旅⑪最終日 絶景!ホワイトサンズ国定公園

8月に家族4人でイエローストーングランドサークルセドナサンタフェホワイトサンズと、国立公園や観光名所を巡ってきました。

3歳と5歳の子供を連れての、11日間、総計2800km以上の長旅。

我が家の選んだルートや実際行ってみての感想をちょこちょこ書いていきます!

今回は10日目、いよいよ最終地、ホワイトサンズへ。旅程の概要はこちら。

 

今日のルート

今日はサンタフェからホワイトサンズに行き、エルパソ空港の近くの町、ラスクルーセスで1泊します。約470kmの移動です。

 

ホワイトサンズへ移動

サンタフェから4時間弱の移動です。またもや何もない道を進みます。途中の街、アラモゴードで休憩しランチを。着いたのは16時過ぎでした。

f:id:beinghappy:20191007131420j:image

 

ホワイトサンズ観光

まずは入り口でいつも通りThe U.S. Park Passを見せ入園。

ホワイトサンズ自体はとても広く、観光客が入れるのはその一部のみ。

それでも車で行ける一番奥まで、入り口から12㎞くらいあります。

最初は普通のアルファルトだった道路も、だんだんと白い砂地に。砂の上なので不思議なタイヤ音がします。

f:id:beinghappy:20191007125124j:plain

 

途中になんとなく車を停められるスペースがあるので、みんな各々が好きなとこに停めて遊んでます。駐車場にはトイレもちょこちょこありました。奥に行く方が、木も少なく、より真っ白い砂の景色が楽しめる感じでした。

この日はあいにく、ちょうど通り雨の時間。場所によって降ってたり降ってなかったり。雨が降った後は砂が固かったです。

 

いやー真っ白!!

f:id:beinghappy:20191007133013j:image

 

相変わらず砂大好きの娘2人、ひたすら遊んでました。


f:id:beinghappy:20191007131437j:image

f:id:beinghappy:20191007131459j:image

 

そりを持ってきて遊んでる人もいました。楽しそうー!

遊んでて、ウユニ塩湖を思い出しました。また行きたいな~

ウユニ塩湖は塩なので本当に真っ白で、日が照ると目が開けられないくらいでしたが、ホワイトサンズは白いとはいえ砂。サングラス必須!ってほどではなかったです。

とはいえブラジルのレンソイスに比べると真っ白。同じ砂漠でも景色は全然違いますね。

 

さて、ホワイトサンズは夕日鑑賞が有名。

我が家はこの後、ここから1時間かかるラスクルーセスでホテル泊。なぜなら明日の昼にはエルパソの空港から帰るから。。

なので諦めましたが、帰る頃には入園ゲートにたくさんの車の列が。

みんな夕日を狙ってくるんだね。

時間に余裕がある場合は、近くのアラモゴードで宿をとって夕日鑑賞するのがオススメです!

 

今日のホテル:Drury Inn & Suites Las Cruces

1泊1部屋朝食付きで118ドルでした。このホテルを選んだ理由は、

ホワイトサンズエルパソ空港の間の街

②きれいで安めのところ

③プールあり

④コインランドリーあり

 

近くにウォルマート&部屋に電子レンジも!

なので、またもやチャーハン・サラダ・フルーツを買ってホテル内で夕飯を頂きました。きれいだったし、プールもランドリーも使えたので大満足◎

 

 

そんなこんなで、翌日にエルパソ空港から帰宅。

長時間運転で腰はだいぶやられたけど、色んな景色を楽しめたし。

最終日が砂場っていう、特に子供には大満足の旅行でした^^

個人的に一番良かったのは、下まで降りて歩けたブレイスキャニオンかな!

アメリカでレストランに行く前に知っておくべき7つのポイント

こんにちは、アメリカ駐在中のbeinghappyです。

今日は日本と流れやマナーが違うアメリカでの外食について。

レストランに行くと色々違うことがあり、最初は戸惑うことも多かったです。

これからアメリカのレストランに行く方、これを読めば、ひとまず心の準備はばっちりなはず!!

※一般レストランの話です。高級店でのマナーは知らないのであしからず。

 

①基本的には待ちの姿勢。

日本では、何かあるとすみませーん!って呼びますよね。

注文決まった時とか。そもそも呼ばないとウエイターさんは来ないのが普通。

けどアメリカでは、基本気付いてもらうまで待ちます。

大きな声で呼んだり手を大きく降って合図するのはNG。

自己主張を大事にする文化のはずなのに不思議ですよねー。

確かにレストランで「Excuse me!」って声出したり手を振ってる人、見たことない。

 

②声をかけるのは、テーブル担当の人にのみ!

ご存知の通りチップ制度があるので、席の担当が決まってます。

店に入ると席を案内してくれる人がいるのですが、その人ではなく、その後に最初にメニューとか水を持って声をかけてくれる人が担当です。

これ、人の顔を覚えるのが苦手な私にはとっても難しい。

いっつも旦那に、担当ってあの人だっけ?と確認してから声をかけてます。。

担当の人が来たら全力で顔を覚えましょう!笑

 

③まずは飲み物を聞かれます。

飲み屋じゃなくても、お昼のランチでも、高級店じゃなくても。

大体どこいっても、まずは飲み物何かいる?と聞かれます。

なので飲み物メニューを先に見とくとスムーズです!

 

④食べるとき、お皿は持たない。

日本ではお味噌汁など、お椀を持ち上げて飲みますが、

アメリカではお皿を持ち上げるのはNGです!

持たずにそのまま。

正反対のルールだと、逆にどっちでもいんじゃないかと思ってしまうよね。。

 

⑤使わない手はテーブルに置かない。

これも日本とは逆。右手で食べてる場合、日本では左手はテーブルの上に置きますが、アメリカではそれはNGなんだそう。

手はテーブルの下へ。

郷に入ったら郷に従えなのは分かるけど、、

これまた正反対、もはやどっちでもいいじゃんね〜

 

⑥食べ始めると、店員さんに、どう?って聞かれます。

これ、聞かれてgood以外に答えようがない気がするけど…習慣なんですかね。

必ず聞かれます。

何かお願いしたい時はついでにお願いするといいかも。

 

⑦カード払いの流れが違います。

日本だとそもそもチップがないのでカードを渡して払っておしまい、ですが、アメリカではそこからチップを足す作業が必要。なので流れがちょっと違います。

 

①まず合計金額の書いたチェックをもらう。

②もらったチェックと一緒にカードを渡す。←ここまでは同じです。

 

③カードと一緒に、レシートが2〜3枚とペンが返ってくる。

 ※レシートは大体、1枚がcustomer用、それ以外はお店用です。

 飲食した金額があり、その下に、チップとその合計金額を書く欄があります。

 

④お店用のレシートに、チップと合計金額を書き、見えないように裏返しにして机に置いて帰ります。

私は両方書くのが面倒なので、チップを足した合計金額のみ書くことが多いかな。

 

これ、あとでレジで入力して精算してるってことですよね。どうやってるんだろう??日本だと、カードで払う時、払う額が決まってないとレジとか動かないもん。

不思議!レジの機械がそもそも違うのかな。

 

他にも、何人かで食事した時とか、②でカードを渡すときに人数分のカードを渡して分割してってお願いすると、お店の方で分けてそれぞれ精算してくれます。

さすがカード社会のアメリカ、便利!!

 

ちなみに。

キッズメニューでよく見る「P&J(PB&J) sandwich」、ピーナッツバターとジャムのサンドイッチのことです。

何の略か書いてなくて、定員さんに聞いたら笑いながら教えてくれた。笑

アメリカではBLTサンドみたいに当たり前の言葉なのね。知らんがな~

年末ヨーロッパ子連れ旅行①事前 クリスマスマーケットとモロッコのシャウエンに行く理由。

今年も残すとこあと3ヶ月。早いな~

ただいまアメリカ駐在中の我が家、ここぞとばかりに旅行三昧してます。

そんなこんなで、年末にヨーロッパへ行くことに!!

 

なぜわざわざ冬の寒い時期にヨーロッパ?!って感じですが、今住んでるマサチューセッツ、冬はもっともっと寒い。。そこよりあったかいなら楽しめるんじゃないかな♪ ってことで。

いや~だって日本からよりだいぶ近い。冬でもなんでも一度は行っときたい!

 

事前の手配から実際行ってみての感想など、忘備録としてちょこちょこ書こうと思います。今回は一番最初にやるであろう、行く場所検討について。

 

もともとヨーロッパで行きたいとこといえば、

船が浮いて見えるというイタリアのランペドゥーザ島

青と白の世界で有名なギリシャサントリーニ島です。

絶対行きたい!!!

とさっそく検索。

 

ところが!!

年末のローシーズン、飛行機が全然飛んでない。。

ハイシーズンは夏。ハイシーズンじゃなくても行くのはできるよね~と思ったものの、そもそも飛行機がなさすぎる。

ハイシーズンになるとヨーロッパの各場所から出てて便利なのですが、冬は別。島に行っても色々な店がやってないらしい。。

行けなくはないけど、

近くまで行ってそこから・・・って感じで。

移動が多く子連れにはかなり大変そうなので、、諦めました。

(いや、正確には諦めてはなくて。駐在の終わる直前、3月にギリギリ行けないかなーと思い、ちょこちょこフライト検索してます。行けるといいな~)

 

ひとまず年末は無し。

 

そこからまた行く先検討。

これまたドイツにたまたま友達が駐在中なので、ドイツ付近で検討。

「ヨーロッパ 絶景」 でググること多々。

 

そして選んだのが、

幻想的な青い街で有名なモロッコのシャウエン と、

クリスマスマーケット@ストラスブール(フランス)です。

 

シャウエンって、もはやヨーロッパじゃなくて北アフリカなんだけどね。。

青い街の写真に一目ぼれ!!

あとは、時期的にクリスマスだし一度はヨーロッパのクリスマスマーケットに行ってみたいな~と思い、街の雰囲気やアクセスを考えストラスブールにしました。パリから電車で2時間くらいで行けちゃうんです。

 

他にも素敵な場所はたくさんあったけど、ヨーロッパの絶景って調べると、建物や建築自体が絶景ってのが多く。

大人はいいけど子供って建物とかに興味ないんだよね。

家族みんながストレスフリーで楽しめるのが大前提なので、メインにするにはちょっと無理だなーと。そもそもストレスフリーで楽しめるってこと自体、実際は難しいけどね。。

私なりの子連れ旅行のポイントについてはこちら。

 

行く場所を決めたので、次に旅程を組みます!②に続きます。

アメリカ子連れ2800キロの旅⑩9日目 絵になる街、サンタフェ。

8月に家族4人でイエローストーングランドサークルセドナサンタフェホワイトサンズと、国立公園や観光名所を巡ってきました。

3歳と5歳の子供を連れての、11日間、総計2800km以上の長旅。

我が家の選んだルートや実際行ってみての感想をちょこちょこ書いていきます!

今回は9日目。サンタフェへ。旅程の概要はこちら。

 

今日のルート

今日はギャラップのホテルを出発し、サンタフェに向かいます。

3時間弱、約320kmの移動です。

 

サンタフェに向け移動

今日も移動が長い。

チェックアウトぎりぎりまでプールに入って、子供の体力とストレスを発散させてから出発!

3時間なので休憩なしで向かいました。

 

今日のホテル:Inn & Spa at Loretta

1泊1部屋、460ドルでした。このホテルを選んだ理由は、

サンタフェの街中にあり、街中散策しやすい。

サンタフェっぽい建物。

③レストランがあって中で食べられる。

④プールあり

 

ホテル自体はきれい!駐車場もバレーパーキングのみです。ホテルの前にて。

f:id:beinghappy:20191006115639j:image

 

高い割に部屋は狭かったです。街中だから仕方ないかな。

子供がいたからか、ベッドでは黒いクマのぬいぐるみがお出迎え。

 

プールは外に。プールサイドでみんなくつろいでました。

建物と青い空とがおしゃれ。

f:id:beinghappy:20191006115825j:image

 

ホテル内のレストランは、テラス席あり。とっても美味しいご飯を頂けました!

f:id:beinghappy:20191006120650j:image

 

サンタフェはアートの街!

街中は歩くだけで素敵な気分になります。


f:id:beinghappy:20191006120200j:image

f:id:beinghappy:20191006120204j:image

 

ホテルの中でもアーティストが絵を描いてたり。

土曜の朝には街中で道路を封鎖してアート市をやってたり。

街中のホテルでアクセス抜群なので良かったです。


f:id:beinghappy:20191006120346j:image

f:id:beinghappy:20191006120350j:image

 

明日はいよいよ最終地、ホワイトサンズへ!

⑪に続きます。